顔汗の原因を知り対策する方法とは?

気温が高い日などは、全身から汗をかいてしまうこともあるでしょう。体温を下げるために汗がでて、体を冷やす効果があります。ですが、汗を全身からかかずに、顔汗だけを多量にかいてしまう方もいます。

汗が出る原因として、運動や気温の高い時期などによる体温の上昇を防ぐためにかきます。その他にも精神的な面でも、汗がでることがあり、緊張やストレスといったことでも汗をかく場合があります。

通常ならば、全身から汗がでることが多いのですが、運動不足や自律神経などの乱れなどにより、体の一部分から極端に汗をかいてしまうこともあります。

顔汗の場合には、服などで汗を吸収してくれるわけではないため。周囲からの視線も気になるところです。できれば、あまり汗をダラダラかいている時に人目にさらしたくないでしょう。

顔汗対策としては、暑さによる汗を止めるためには、体を冷やすことです。太い血管の付近を冷やすことで体を効率よくひやすことができるでしょう。夏場などは、熱中症対策としても有効です。

また、暑さ以外にも、緊張やストレスによって汗をかいてしまう場合には、できるだけリラックスできる環境をつくることです。気持ちを落ち着けて、体の緊張、心の緊張をほぐしましょう。

また、人前であがってしまい、極度に緊張してしまう場合もあります。そのような場合には、慣れが必要ですが、これもすぐには解決する問題ではないので、まずは、他人の前ではなく自分の家族や友人など親しい間柄で会話したり、複数で会話することが自然とできるようになるまで、練習に付き合ってもらうのも有効な手段です。

場慣れしてくれば、知らない他人の前にでてもそれほど緊張せずに対応することができるようになるでしょう。

また、正常に汗をかくためには、自律神経の乱れを正すことも重要です。自律神経が乱れることで、発汗作用が正常に働かない可能性があります。そのため、汗をほとんどかかなかったり、極端に多量に汗をかいてしまうこともあるでしょう。そのような状態にならないためにも、規則正しい生活を心がけ、睡眠不足などにならないようにしていくことも大切です。

また、ストレスなども自律神経を乱すことがあるため、適度にストレスを発散できる生活環境にしていくことも重要です。

運動不足においても、代謝機能の低下などにつながるため、適度に運動をする習慣を身に着けていくことも大切です。正常に汗をかき、代謝機能を向上させ、血流なども改善していきましょう。

顔汗止める方法と対策

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ